Needs OneNeeds One

メールでのお問い合わせ
お客様サイト
塗り忘れやミスが起こらないように、工程ごとにさまざまな工夫をしています。
工程ごとに塗料の色を替えて、塗り忘れを防ぐ
一見わかりづらい、塗装の塗り忘れミス
塗装工事は、耐候性を高めるために何度も塗り重ねが必要です。どの工程でも同じ色で塗装していると、何度目の塗装をしているのかが分かりづらく、ミスが起こりやすくなります。
このミスは一見わかりづらいのですが、長期的にみると外壁の耐候性が落ち、お客さまの大きな損失につながります。
何回目の塗装か、ひと目で分かる工夫
各工程で使用する塗料の色を替え、現在がどの工程なのかがひと目でわかるように監理しています。作業員も監理者も、現在の進行状況がすぐにわかり、塗り忘れが発生しません。
塗料が付着しないようにビニールで覆う
塗料がはみ出ていたら、せっかくの塗装も台無しに

せっかく塗装をしても、工事後に塗料がはみ出ていたり飛び散っていたら、見た目が汚くなってしまいます。
塗装後の見た目の美しさを守るためには、事前の丁寧な養生が必須です。

塗装前の丁寧な養生が見た目を美しくする秘訣
  • 塗料が玄関、窓、目隠し、パイプ、床などに付着しないように、ビニールで覆います。
  • バランス釜の吸気孔・吹き出し口は塞がないように細かな細工が必要です。
  • 塗装前に蛍光灯は下げて置きます。外壁補修部分は肌合せを行います。
メールでのお問い合わせ